在歲月裏,做一個懂得的人

歲月忽而老了,光陰的屋簷下,多了一份靜謐,安靜中可以聽到花開的聲音,可以聽到窗外的鳥鳴,也可以聽清自己內心的聲音。夏天的畫布,色彩越來越濃了,有綠染詩心,也有色彩斑斕的花色,唯獨少了一份清淡,可是又有什麼關係呢,那綠的清亮的葉子,一樣美得…

睡前七味長壽藥 個個都有效

睡前這段時間,聽上去好像也做不了什麼,事實上卻是對我們養生和預防疾病來說,這一點時間是非常重要的黃金時間健營營養餐單。 對此,中醫內科的醫生認為,這些動作的確能起到一定保健作用,但個別動作也需要注意方式。 睡前3個動作床下做 1、腹式呼吸改善心…

精子畸形率高 會導致不育嗎?

在泌尿外科和生殖中心男性不育門診,常常會遇到為精子畸形率超標而苦惱的男性病友:“我的精子畸形率這麼高,老婆將來會懷不上小孩吧?”那麼,現實中這些長相“不標緻”的精子,真的就是造成男性不育的元兇嗎? 每個男性都有畸形精子 正常精子形態的頭、體、尾…

學會5分鐘按摩法 自拍小臉不再靠修容

導語:妹子早已經離不開自拍了,為了自拍顯臉小,不少人在化妝的時候會多修容一點,加點發際線或者用碎發修飾臉型等等,其實化妝前做好按摩,不僅能讓妝容更服帖更好看,而且還能讓臉變小哦。 哪個妹子不希望自己臉小,自拍好看完美,其實不一定要靠妝容或者…

時代沃頓家用膜銷售總監羅勇:研發和創新是拓寬市場的製勝之道

6月6日-6月8日,由《直飲水時代》全媒體和中國膜工業協會共同主辦的,為期三天的GWPS2017全球淨水市場峰會技術創新與應用大會在國家會展中心上海洲際酒店順利召開。 大會邀請了業內優秀創新型龍頭企業,展示他們先進的技術成果和應用案例,全麵把握國內外市…

在發展的“十字路口” 門窗企業如何進行抉擇?

門窗行業不斷發展,品牌競爭更加多層次,銷售渠道更加多元化,產品品類也更加豐富。那麽,麵對嚴峻的行業發展現狀,在發展的“十字路口”,門窗企業要如何進行抉擇呢? 門窗企業該轉型革新還是堅守傳統濾水器品牌? 現在的市場,門窗產品的品類更全,籌資方式更…

もやもや、もやもや

昨日の富裕層デパートの記事。行きの電車の中でほとんど入力し、締めはアポ待ち時間、さらに仕事の空き時間に、加筆訂正したので、まとまった時間を取った上でゆっくり考えられなく、どうも、アタマの中で自分なりの、すっきり感がない。納得の結論が導かれ…

普通

さあ、時間がある。ブログを書こう!! しかし、これは、目の前に美女がいて、「さあ、あなたの好きにして!」と、甘い声でささやかれてもPretty renew 傳銷、こんな美女なのに???どうも体が動かない???という状態に似ている?? などと、わたしは男性でもな…

モノと、こころ

ずいぶん前に、リフォーム番組、ビフォーアフターで見た、ある一般参加者。子供が、母親(寡婦)の住む実家のリフォームを依頼するため、番組に応募した劉芷欣醫生。おばあちゃんの思い出の品々を飾るスペースを、建築の匠が特別に設えていた。旅行先で買っ…

リバース

先日の、無難な髪型がつまらないとかいう話を書いていた時に、こういうことは平穏で時間があるからこそ言える贅沢のようなものだからAmway呃人、あんまり言わない方がいいのかもしれないな……いう考えがちらと頭をよぎった。そして、そういう負の予感みたいな…

作業と、作業と。。。。

朝、スジ敷く鳴った。眠るのが心地よくなった。うっかり二度寝が増えた。今のところ、遅刻にまでは至っていないが生髮方法。 今日は、デスクワークは置いておいて、作業。それも、種々の作業。手慣れた作業もあれば、教わりながらの作業もある。 消耗がひど…

せないボールペン

ベランダのシロバナジンチョウゲ。ピンクの方はもう終わりかけている肝纖維化。 買わなくても不思議と溜まってしまうボールペンだけど、最近は貰うのも「消せるボールペン」が増えて来た。消せるボールペンが当たり前になってくると、そのうちに「消せないボ…

豊洲市場が燃えている!????盛り土がどうした?

前回記事の「東京都知事の小池さん???やるではないか!」の中で、豊洲市場への移転の延期について、当然ではないか????と述べたが、ここにきて、出るわ出るわ????疑問の続出。 汚染水のモニタリング計画の終了前に、移転を決めるyou beauty 陷阱????なんての…

パソコンに、かじりつき。。。。

今朝は、目とかからだとか、納得するまで寝たかった。10時過ぎ起床冬蟲夏草 膠囊。 個人用のパソコンを立ち上げる。プロバイダで利用していたサービスの終了に伴って、設定変更をしなくてはならなかった。 まだ余裕はあるけど、その気になったときに片付け…

「ほらほら、さっさとお読みなさいな」

「ほらほら、さっさとお読みなさいな」 返却日の差し迫った単行本三冊が鎮座する棚からのお咎めを感じるようになって一週間が過ぎた。 図書館から借りてきたその日に表紙を開いた『読む力?聴く力』(*1)はとうに読み終えたから、あの声は『わたしを離さないで…

ネブライザー、起動。。。。

喘息発作の予防。普段は、ステロイド剤の吸入と、気管支拡張剤のテープがメインだ。 痰切りの薬とか、飲み薬もあるが、ステロイド剤の粉を直接吸う薬と、テープで貼り付ける経皮剤を用いているMFGM 乳脂球膜。 タイミングは、どちらも夜に服用する。吸入は夜…

先崎彰容『違和感の正体』を読む

新進気鋭の評論家、先崎彰容氏の本を初めて読んだ。「せんざき?あきなか」とお読みする。昭和50年生まれだから、40歳を過ぎたばかり。四月から日本大学で教へていらつしやる。個人的な面識はないが、遠藤浩一先生の告別式でお会ひしたやうな気もする。それよ…

「ゆとりですがなにか」

29日の日曜日に最終回を迎えたドラマはもう一つありました。クドカン脚本の「ゆとりですがなにか」。このドラマは初回は、見ていて結構辛いものがありました。「ゆとり世代」っていったい何なのかなって、私は思いますDR REBORN呃人。 ちょっとドラマとは関…

5年後、10年後、20年後

長い長い長い、年末年始が終わった。2016年、やっと平常モードに戻りつつある。年末から年始にかけて、民族大移動。それぞれの核家族が、実家に帰省する。長女一家は、お婿さんの実家へ。ちょうど、関西と関東の境目ぐらいの位置か。年末の一週間。あちらの…

咲く咲かない

先日うっかり折ってしまった白いラナンキュラスのつぼみが開いた。 黄色いのはおなじみの水菜。もはや切Pretty Renew 銷售手法り花を栽培しているような感じになっていたけれど、その水菜もこれでおしまい。 左側は咲かなかったバラのつぼみ。去年からついて…