パソコン離れ

超、久しぶりに、パソコンから入力している。

ご無沙汰の、別の自分のブログをチェック。
しかし、ぜんせん、ログインできない。
登録メールアドレスから、手続きをやり直そうにも、「そんなアドレスには登録されていません」と出てくる。
それ以外に、アドレスはない。
ノートに、パスワードやIDをメモしていないか探しまくる。
気合を入れていない、お遊びブログなので、メモは見当たらない。
新しいIDを作ろうとしたり、いろいろ手を尽くしてみる???
クレジットカード番号、下8ケタから、サイトで使っている自分のIDなどがわかる手引き(導き案内画面)が出てきたが、
大事なクレジットの個人情報を入れて探すのは、なんだか怖かったので、途中でやめた。
しかし、なんでだ? 
なんで、正しいメールアドレスから手続きしようにも、作業が出来ない。
ひょっとして、インターネットバンキングも、悪者に乗っ取られているかも?などと、次々に不安の連鎖に。

が、なんやらかんやらしていると、

まあなんと、サイト側のシステムエラーに振り回されただけの、貴重な1時間半。

スマホで、ほいほい、ちょいちょい、と、やっているほうが、ずっと気楽。
意外に、パソコン画面ではじめて見る、蝶ブログの北海道写真が、すごく大きくて、びっくりした。
スマホでは、そんなに画像が大きいなんて想像もしていなかった。

撮った写真を選んで、ちょいちょいっと指で、くるくるしただけ。
写真アップは、パソコン操作のほうが、だんぜん、めんどうくさい。

スマホに慣れると、朝のパソコンタイムがぽかっと空いて、有効的に時間を使える。
最近では、お気に入りの空間にじっと座って、静かに何もしない、僧侶のように瞑想タイムになっている。
静寂を味わい、楽しんでいる。(実年齢より30年先取り心境)
いったんパソコンを開けると、かじりついてしまう傾向があるので、時間を忘れてしまう。

その点、スマホは、外出時のみ。
でも、その延長で、自宅でもスマホのほうが便利になってきている。
スマホ離れならぬ、パソコン離れが進んでいる、わたしである。

パソコンを離れて手に入れたもの???

こころは、30年先に行っている。

もやもや、もやもや

昨日の富裕層デパートの記事。
行きの電車の中でほとんど入力し、締めはアポ待ち時間、さらに仕事の空き時間に、加筆訂正したので、まとまった時間を取った上でゆっくり考えられなく、どうも、アタマの中で自分なりの、すっきり感がない。
納得の結論が導かれないまま、今日の朝を迎えた。

で、たまたま、寝ぼけた顔で起きてきた次女に、投げかけた。

「昨日の話なんやけど、どうも、もやもやする」

いつもならメンドくさ煙たがられるところが、本日は非常に珍しく、話に付き合ってくれた。
で、手短に問題点や疑問点を話した。
途中、脱線しまくりで、(「話が外れてるで」と指摘されるまでもなく)ちっとも手短ではなかったが。

次女曰く。
「人の目を通しての富裕層ウォッチングではなく、自分の目でHデパートに行って、見てきたら?」

なるほど。納得。

そもそも、富裕層とは?その定義、捉え方が、わたしの姉と、わたしとは微妙に違う可能性がある。
姉妹であるが、家を離れるまでは同じ育成歴でも、離れてからは違う別人生。
そもそも生まれた時から別人格)
多少の誤差は生じるだろう。

で、
富裕層うんぬんよりも、ファッションセンスの問題ではないかと。
センスは、人によって違う。
多くの人に愛され憧れられるファッションが好きな人は、求めているものと、求められるものが同じだから、一直線で、やりやすい。
わたしのように、自分の好きなものと、一般的な好みとに多少のズレがある場合が、ややこしい。
決して人様からの賛同を得たいわけではないが、人が良いと思っているものに対しても、確かに物理的には良いとは思うが、それがどうした?と、なる。
自分もマネしよう、取り入れよう、参考にしよう、とはならない。
否定はしないが、なびかない。
肯定するとしても、多くあるものの一つ一つとして、それぞれを肯定する。
決して、それだけが良い、他のものは良くないとは思わない。
ふ?ん、そうなの、それで?
と、なってしまう。
可愛げない。
自分の核を持っているから、混じったとしても、溶けないのだろう。

ファッションから入る富裕層、こういう流れで定義しようとするから、すっきりしないのだ。
ファッションそのものに、頑とした自分を持っているので、「高そう→富裕層」という式はあっても、「マネしたい、参考にしたい」とならない。
しかも、最近のわたしは、同じ「高そう」でも、ファッション性を追求するのではなく、快適性、機能性を重視する傾向にあると思われる。
だとすると、ウォッチングは正解だ。
見て楽しむ。自分なら、買わない、着ない。憧れない。
「ふ?ん」の一種。

人それぞれ価値観は違うし、ファッションセンスにいたっては、もっとバラバラ
だから、服が売れるのだろう。

歩んできた道によって、価値観は分かれる。
ファッションセンスは、さらに価値観以前に、感性の問題。
「好み」ってやつである。
人それぞれで、どれも正解で、決まりきった模範解答はない。

普通

さあ、時間がある。ブログを書こう!!

しかし、これは、目の前に美女がいて、「さあ、あなたの好きにして!」と、
甘い声でささやかれてもPretty renew 傳銷、こんな美女なのに???どうも体が動かない???という状態に似ている??

などと、わたしは男性でもないのに、ついつい、男性的な気分になってしまう。
もちろん、男性だけに対してしか、恋愛の対象としては、惹かれない???にもかかわらず。

わたしは、体もこころも女性であるが、アタマの一部は男性であるように思う。
かといって、性同一性障害ではない。

???

うじうじ女々しい男性を見ると、うっとうしくなる。
でも、小まめにいろんなことに気配りして、やさしく接してくれる男性は好きだ。
これは、育メンの特徴ではないかと思う。
育メンに、生まれつき適している男性と、適していない男性がいるように思う。

が、適すも、適さない、も、それはジェンダー教育のせい、
男とはこうあるべき、こうすべき、という先入観、刷り込みのせいもあるだろう。

そもそもベビーは、がっちりゴツゴツ体型の男性に、抱っこされても、気持ちよくないように思う。
なので、いくら努力して頑張って世話しても、そういう意味では、男性は気の毒だ。
その点、女性は、初対面でも、「わ~、かわいい」と、ベビーをぎゅっと抱きしめると、
ベビーは、抵抗もせず気持ちよさげにしているPretty Renew 旺角
筋肉質の女性や、お肌すべすべ、ぶよんぶよんの男性に対しては、どうかは知らないが。

???

今日から、またまたハードな一週間のスタートだ。
今だけだ、こんな、どーでもいいことを、ちんたらこんたら書けるのは。

???

さてさて、わたしのブログ、強制隔離の甲斐あって、禁断症状は出ないものの???
閲覧数が、するする下降したことにショックは覚えない、と書いたものの???
手ごたえがわからない、不確かなものに、何かを求めるのは意味がない、と思ったものの???
いやはや、するする下降の下げ止まり、低い数値が通常となってしまい、いささかの失望感を禁じえない。
人間、そのとき、そのときに思うことが違うんですね。
株価みたいなものだ。

ブログを書くことが平常になった場合は、ブログへの依存感、期待感が強まるのだろう。
ブログが書けないことが日常になった場合は、さして気にならないのだろう。
なんて、あたりまえの分析をしてみる。

今日は、お経(蝶ブログ教)を唱える気分にもならず、ブログへの依存も一旦離脱した後は、
また新たに、蝶ブログとの新しい対面、取り組みとなる。
わたしの成長?はたまた気分とともに、ブログのカラー、コンセプトが変わる。
ブログに頼り、救いを求めていたが、
新生スローは、ブログと共に歩む、というスタンスにしようかと思っている。
つまり、普通のブログだ。
もともと、普通のブログなのだが。(だらだら長文が特徴)
「普通」というのは、けっこう好感が持てる、と最近、感じる次第であるPretty renew 傳銷


停滞の後は、作動、行動。
歩き始めるのも悪くない。

モノと、こころ

ずいぶん前に、リフォーム番組、ビフォーアフターで見た、ある一般参加者。
子供が、母親(寡婦)の住む実家のリフォームを依頼するため、番組に応募した劉芷欣醫生
おばあちゃんの思い出の品々を飾るスペースを、建築の匠が特別に設えていた。
旅行先で買った、大小のコケシやらのお土産グッズが、並べられていた。
(チョイス趣味は、わたしとは異なるが)
ご主人と行った旅行や、いろんな思い出が蘇り、毎日の生活を潤わせるようにという匠の図らい。

旅先は、どこでもいい。
国内でも、海外でも、宇宙でも、、、。
並べられた数々の土産物。
自分の世界。
わたしも、あれこれ並べている。
老人ホームに入る時は、その中からベスト20をチョイスする予定だ。(あくまでも、予定)
ミカン箱に容易に収まり、まだまだ空きスペースたっぷり。
あとはミカンでも入れる?

中でも、絶対にベスト20入り間違いなしの、思い出の品がある。
はるか彼方から、ご家族の手を通して、我が家にやってきたモノ劉芷欣醫生
そもそも、手のひらサイズの無名の(おそらく)中古品のようなので、市場価値、流通価格は問題外。
わたしの大切な宝物である。

そこで思った。
自分の世界は、他人に、不特定多数の人々に見せるのは、わたしならNG。
自分だけの内向きな満足が、それぞれ、各々、個人個人の目で見られ、個人的感想を持たれる。
へえ〜、と。

わたしは、「世界の至宝展」などに出かけて、お宝や歴史的に価値のあるモノを鑑賞するのが好きである。
テレビ番組の「なんでも鑑定団」も好き。
そして、一般の人々の、自分とは無関係な、自分の思い出の品でもなんでもないモノに対して、客観の目で、自由な感想を抱く。


モノだけでなく、自分の楽しみは、不特定多数の人々とは絶対にシェアできない。
なら、ブログを書くな、ってことだが、それを書き始めると長いので、今日はやめておく。

一生のうちで、限られた、本当に少ない人々とだけ接点をピンポイントで持つ。
しかも、時期も、ピンポイント。
これも、いいなあと。
一期一会に近い。
だが、どこの誰かもわからないわけではなく、相手は、実在している。
限りなく細く、剛い線のようなもので繋がっている。
うちのライティング・ビューローの上に置かれた、その証のような、小さなモノを見ると、こころが時空を飛ぶ劉芷欣醫生
しかし、過去の思い出の一点で止まらず、時間はそこから進行している。

物品否定、断捨離・絶対主義者から見ると、理解できないだろう。

わたしも時と共に変わるので、考えも行動も変化する。
人生の、ある一時点の思いである。

リバース

先日の、無難な髪型がつまらないとかいう話を書いていた時に、こういうことは平穏で時間があるからこそ言える贅沢のようなものだからAmway呃人、あんまり言わない方がいいのかもしれないな……いう考えがちらと頭をよぎった。そして、そういう負の予感みたいなものに限って当たるわけで、日曜から急に状況が変わり、無難がどうとか悠長なことを言っていられなくなってしまった。やっぱり、どんな時もパパパっと纏まる無難なショートカット万歳だよ。

時間を制約されるようになると、電車の中でこうして日記を書いたり、隙間時間に集中して本を読んだりということができるようになるのだから皮肉なものだと思うPanasonic冷氣。目は疲れるし肩こりもひどいけれど、充足感はある。やはり、家に引きこもっていない方が時間を有効活用できる(するしかない)んだろう。

 

平穏な日常の中で時間を有効に活用できれば、その方がずっといいのはもちろんだけど。

---


蜜蜂と遠雷』を横に置いて、湊かなえの『リバース』を読み終えた。事件が収束に向かい、ああそう、そういうことだったのねーというところで最後のカードが捲られてゾッとするという構成なのだけど、男同士の友情とか、大学で初めてできた「親友」とか、俺は、俺が、俺の、というじめっとした感じが少々アレだったので、その辺は端折って短編になっていた方が私には楽しかったかも。と、勝手なことを思った。

4月にドラマ化されると、その親友(?)二人が藤原竜也小池徹平になるらしいHitachi冷氣。だとすると本で読んだイメージとはだいぶ違うので、たぶん、内容も変わってくるんじゃないかな、どうなんだろう。

作業と、作業と。。。。

 朝、スジ敷く鳴った。眠るのが心地よくなった。うっかり二度寝が増えた。今のところ、遅刻にまでは至っていないが生髮方法

 今日は、デスクワークは置いておいて、作業。それも、種々の作業。手慣れた作業もあれば、教わりながらの作業もある。

 消耗がひどい。慣れない作業で、段取りが悪いのも加わった。右往左往。ムダな動きが多い。

 英文のメールが入ってきたり。海外の人とは時差があるから、向こうがどのタイミングまでに返信が欲しいか判断に困るときがある3m淨水器。電話は絶対にしない。国際電話は高くつく。

 作業尾内間に、返信を書く。よけいに時間がかかる。

 始めてやる作業は、できたかどうか、手応えが分からない。結果がフィードバックされてくるまで、1日2日経ってしまう。

 でもまあ、一応所定の内容を片付けて、それからデスクワークにかかった。当然、遅くなる。

 コンビニメシを買って帰宅。コンビニ統合が進むと、コンビニメシのバリエーションが減るのが、残念消毒噴霧。いつのことになるか分からないけど。

 明日はゆっくり寝よう。せっかくの休日、なんだから。。。。

せないボールペン

ベランダのシロバナジンチョウゲ。ピンクの方はもう終わりかけている肝纖維化

 

買わなくても不思議と溜まってしまうボールペンだけど、最近は貰うのも「消せるボールペン」が増えて来た。消せるボールペンが当たり前になってくると、そのうちに「消せないボールペン」の方が珍しくなるんじゃないかと思ったりする。

「え? このボールペンで書いたらこすっても消えないの?! すごーい!」なんてbioderma 卸妝水。(疲れてるな)

 

実家に行ったら石油ストーブが点いていた。上に乗せられたヤカンが、スーンと小さな音をたてている。その匂いや音や温かさがものすごく懐かしかった。(お正月に帰った時は普通にエアコンをつけていたので)

なんだろう、エアコンや床暖房とはもちろん違うし電気ストーブとも違う温かさ。「火」の温かさなんだろうなあ孕婦飲食