読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノと、こころ

ずいぶん前に、リフォーム番組、ビフォーアフターで見た、ある一般参加者。
子供が、母親(寡婦)の住む実家のリフォームを依頼するため、番組に応募した。
おばあちゃんの思い出の品々を飾るスペースを、建築の匠が特別に設えていた。
旅行先で買った、大小のコケシやらのお土産グッズが、並べられていた。
(チョイス趣味は、わたしとは異なるが)
ご主人と行った旅行や、いろんな思い出が蘇り、毎日の生活を潤わせるようにという匠の図らい。

旅先は、どこでもいい。
国内でも、海外でも、宇宙でも、、、。
並べられた数々の土産物。
自分の世界。
わたしも、あれこれ並べている。
老人ホームに入る時は、その中からベスト20をチョイスする予定だ。(あくまでも、予定)
ミカン箱に容易に収まり、まだまだ空きスペースたっぷり。
あとはミカンでも入れる?

中でも、絶対にベスト20入り間違いなしの、思い出の品がある。
はるか彼方から、ご家族の手を通して、我が家にやってきたモノ。
そもそも、手のひらサイズの無名の(おそらく)中古品のようなので、市場価値、流通価格は問題外。
わたしの大切な宝物である。

そこで思った。
自分の世界は、他人に、不特定多数の人々に見せるのは、わたしならNG。
自分だけの内向きな満足が、それぞれ、各々、個人個人の目で見られ、個人的感想を持たれる。
へえ〜、と。

わたしは、「世界の至宝展」などに出かけて、お宝や歴史的に価値のあるモノを鑑賞するのが好きである。
テレビ番組の「なんでも鑑定団」も好き。
そして、一般の人々の、自分とは無関係な、自分の思い出の品でもなんでもないモノに対して、客観の目で、自由な感想を抱く。


モノだけでなく、自分の楽しみは、不特定多数の人々とは絶対にシェアできない。
なら、ブログを書くな、ってことだが、それを書き始めると長いので、今日はやめておく。

一生のうちで、限られた、本当に少ない人々とだけ接点をピンポイントで持つ。
しかも、時期も、ピンポイント。
これも、いいなあと。
一期一会に近い。
だが、どこの誰かもわからないわけではなく、相手は、実在している。
限りなく細く、剛い線のようなもので繋がっている。
うちのライティング・ビューローの上に置かれた、その証のような、小さなモノを見ると、こころが時空を飛ぶ。
しかし、過去の思い出の一点で止まらず、時間はそこから進行している。

物品否定、断捨離・絶対主義者から見ると、理解できないだろう。

わたしも時と共に変わるので、考えも行動も変化する。
人生の、ある一時点の思いである。

リバース

先日の、無難な髪型がつまらないとかいう話を書いていた時に、こういうことは平穏で時間があるからこそ言える贅沢のようなものだからAmway呃人、あんまり言わない方がいいのかもしれないな……いう考えがちらと頭をよぎった。そして、そういう負の予感みたいなものに限って当たるわけで、日曜から急に状況が変わり、無難がどうとか悠長なことを言っていられなくなってしまった。やっぱり、どんな時もパパパっと纏まる無難なショートカット万歳だよ。

時間を制約されるようになると、電車の中でこうして日記を書いたり、隙間時間に集中して本を読んだりということができるようになるのだから皮肉なものだと思うPanasonic冷氣。目は疲れるし肩こりもひどいけれど、充足感はある。やはり、家に引きこもっていない方が時間を有効活用できる(するしかない)んだろう。

 

平穏な日常の中で時間を有効に活用できれば、その方がずっといいのはもちろんだけど。

---


蜜蜂と遠雷』を横に置いて、湊かなえの『リバース』を読み終えた。事件が収束に向かい、ああそう、そういうことだったのねーというところで最後のカードが捲られてゾッとするという構成なのだけど、男同士の友情とか、大学で初めてできた「親友」とか、俺は、俺が、俺の、というじめっとした感じが少々アレだったので、その辺は端折って短編になっていた方が私には楽しかったかも。と、勝手なことを思った。

4月にドラマ化されると、その親友(?)二人が藤原竜也小池徹平になるらしいHitachi冷氣。だとすると本で読んだイメージとはだいぶ違うので、たぶん、内容も変わってくるんじゃないかな、どうなんだろう。

作業と、作業と。。。。

 朝、スジ敷く鳴った。眠るのが心地よくなった。うっかり二度寝が増えた。今のところ、遅刻にまでは至っていないが生髮方法

 今日は、デスクワークは置いておいて、作業。それも、種々の作業。手慣れた作業もあれば、教わりながらの作業もある。

 消耗がひどい。慣れない作業で、段取りが悪いのも加わった。右往左往。ムダな動きが多い。

 英文のメールが入ってきたり。海外の人とは時差があるから、向こうがどのタイミングまでに返信が欲しいか判断に困るときがある3m淨水器。電話は絶対にしない。国際電話は高くつく。

 作業尾内間に、返信を書く。よけいに時間がかかる。

 始めてやる作業は、できたかどうか、手応えが分からない。結果がフィードバックされてくるまで、1日2日経ってしまう。

 でもまあ、一応所定の内容を片付けて、それからデスクワークにかかった。当然、遅くなる。

 コンビニメシを買って帰宅。コンビニ統合が進むと、コンビニメシのバリエーションが減るのが、残念消毒噴霧。いつのことになるか分からないけど。

 明日はゆっくり寝よう。せっかくの休日、なんだから。。。。

せないボールペン

ベランダのシロバナジンチョウゲ。ピンクの方はもう終わりかけている肝纖維化

 

買わなくても不思議と溜まってしまうボールペンだけど、最近は貰うのも「消せるボールペン」が増えて来た。消せるボールペンが当たり前になってくると、そのうちに「消せないボールペン」の方が珍しくなるんじゃないかと思ったりする。

「え? このボールペンで書いたらこすっても消えないの?! すごーい!」なんてbioderma 卸妝水。(疲れてるな)

 

実家に行ったら石油ストーブが点いていた。上に乗せられたヤカンが、スーンと小さな音をたてている。その匂いや音や温かさがものすごく懐かしかった。(お正月に帰った時は普通にエアコンをつけていたので)

なんだろう、エアコンや床暖房とはもちろん違うし電気ストーブとも違う温かさ。「火」の温かさなんだろうなあ孕婦飲食

豊洲市場が燃えている!????盛り土がどうした?

前回記事の「東京都知事の小池さん???やるではないか!」

の中で、豊洲市場への移転の延期について、

当然ではないか????と述べたが、

ここにきて、出るわ出るわ????疑問の続出。

 

汚染水のモニタリング計画の終了前に、移転を決めるyou beauty 陷阱????

なんてのは、誰が見てもおかしいのだよ。

素人でもわかることです。

 

だけど、ここにきて、

いきなりあちこちのマスコミ関係が騒ぎ出すのも

おかしな話ではないか?

 

今までは、そんな疑問のかけらも報道しなかったのに???

”食の安全”が第一なのは

小池さんが延期話を持ち出さなくても、当たり前のことではないのですか?

 

マスコミの方は、だあれも、疑問を感じなかったのでしょうか?

バッカじゃなかろか!

 

そして、今日のTBSかしら?

恵俊彰さんの確か、「ひるおび」かな?

築地市場豊洲移転延期」の話題で、いろんな分野のコメンテーターが

意見を述べていましたが、

 

はっきり言って、『バカばっかりですねyou beauty 陷阱。』

《盛り土が、盛り土が?????》???って、”そば”じゃないんだから!

 

私も、当事者でないので、詳しい事実を知らないのが残念ですが、

”盛り土”はあくまで、汚染土壌の入れ替えか封じ込めの手段なのでしょう。

 

汚染土壌がどの深さまであったのか????これが基本事項でしょう。

1.汚染土壌を取り去る。????これが最も良い方法です。

2.取り切れない汚染土壌を封じ込める。????これが次善の方法でしょうか?

 

お分かりのように、1が実施された場合は、盛り土は不要なのです。

 

どの部分の土壌がどのくらいの深さまで汚染されていたのか?

これを、知らずして、”盛り土”がされなかった???とか

コンクリートは割れるから、封じ込めではない???とか

ましてや捨コンでは????などと、”1級建築士”を名乗る方が

まことしやかに、普通の知識をあたかも、”専門知識”のように述べていましたが、

すべて、本質からずれた事象を述べているのです。

 

物事の、本質をつかんでいる方が、一人もいなかったのは、

このような番組では良くあることですが、本当に残念なことです。

 

小池さんの移転延期の発言がなかったらyou beauty 陷阱

マスコミの誰も、疑問を感じなかった。????

当たり前のこととして、粛々と移転が進んでいた。????恐ろしいことです。

 

パソコンに、かじりつき。。。。

 今朝は、目とかからだとか、納得するまで寝たかった。10時過ぎ起床冬蟲夏草 膠囊

 個人用のパソコンを立ち上げる。プロバイダで利用していたサービスの終了に伴って、設定変更をしなくてはならなかった。

 まだ余裕はあるけど、その気になったときに片付けようと思った。

 パソコンの設定とか、ネット接続の設定なんかは、詳しくない。マニュアルがあって、その通りに作業すればできることまでなら対応できる。

 途中でエラーが出ると、何が気にくわなくてうまくいかないのか、分からない。ヘルプを探しまくって、どうにか理解できるかどうか、というところ冬蟲夏草 膠囊

 目とか首とか腰とか、同じ姿勢で作業を続けると苦しいから、休み休み作業する。ややこしそうなところは真乳やるをプリントアウトして、読み込む。

 で。夕方になっても終わらず、メシ食って、またパソコンに戻って、先ほど片付いた。

 気圧が低い性で、頭が働かなくて、よけいに時間がかかったかも。

 そんなこんなで、日曜日が潰れてしまった。

 心身ともに、疲れている。明日から仕事だけど、疲れを持ち越したらキツイかも。

 それでなくても、気圧が低くてだるいのに冬蟲夏草 膠囊。。。。
 

「ほらほら、さっさとお読みなさいな」

 「ほらほら、さっさとお読みなさいな」

 返却日の差し迫った単行本三冊が鎮座する棚からのお咎めを感じるようになって一週間が過ぎた。

 図書館から借りてきたその日に表紙を開いた『読む力?聴く力』(*1)はとうに読み終えたから、あの声は『わたしを離さないで』(*2)か、『日の名残り』(*3)のどちらかだ。

 図書館へはカズオイ?シグロの本を目当てに出かけたというのに、なかなかそこに手が伸びず、読まぬまま返却ということにもなりかねない、そんな気配が胸の内に立ち込めていたときでもあった冷氣機價格比較

 しばらくは「さっさとお読みなさいな」というお咎めをはぐらかしてきたけれど、もう解放されたかった。そうだよね、サッさと読んでしまえばいい。

 で、『わたしを離さないで』を手に取る。

 一気に引き込まれるというのではなしに、徐々に物語がみえて、少しずつ腑に落ちてゆく。腑におちると同時に、また別の違った類のわだかまりが発生するような不思議な本であった。

 そしてさらに、一人称の小説の面白さというのか、あるいはこの本に限ってなのかはわからないが、読了後、頭のすみにいつづけたのはどうしてだか、「思い込み」。

 主人公かつ一人称のキャシー?H。

 キャシーは思慮深いが思い込みも激しいのじゃなかろうか。彼女を取り巻く人々との会話や態度や教えからキャシーが感じとることごとの少なからずが、思い込みや思い違いである。その思い込みが結局はある意味、無意味な悲しみ、喜び、諦め、恐怖、自負つながっていると思われてならないPanasonic冷氣。 

 読者になにかを思い込ませ、よいところでうまい具合に裏切り、さらに物語に引き込ませるのが小説だとしても。

 考えてみれば現実を生きるわたしもそうだ。

 他者の真意はさておいたところの、話しているときの声のトーン、目線、態度で、勝手にたじろいだり、喜んだりしているのにちがいない。相手との距離が遠ければ遠いほど、思い込み(憶測)が強く働くのかもしれないが、距離が近いからという理由で思い込まなくなるというのでもない。

 他者の真意は言葉を通してさえも完全にわかることはないだろうが、言葉にできない本当のところ(その正体の有無に関わらず)を知ろうとするあまり、言葉以外で探る。そうして生じる思い込み。この思い込みが随分と物事をややこしくしているのだろうな。

 

 そうだ、『日の名残り』も読まずに返却はできないぞ東芝 冷氣機